忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 白雪姫 ドレスの役立つ情報

レアル監督、サポーターの不満に「うまく進んでいない時に応援するのはしんどい」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

レアル監督、サポーターの不満に「うまく進んでいない時に応援するのはしんどい」

レアル監督、サポーターの不満に「うまく進んでいない時に応援するのはしんどい」 

  リーガエスパニョーラ第23節で、Rマドリードはデポルティボに2-0で勝利した。それでもファンは不満の指笛をスタジアムに響かせていたが、カルロ・アンチェロッティ監督はその気持ちを理解すると話している。

  試合は前後半に1点ずつ決め、Rマドリードが2-0で勝利した。その試合前、GKイケル・カシージャスとアンチェロッティ監督の名前が読み上げられると、サンティアゴ・ベルナベウにはブーイングが響き渡った。

  試合中には、一部のサポーターがFWガレス・ベイルに指笛で不満を示す場面もあった。だが、Aマドリードに0-4で敗れた前節のダービーの後では、それも仕方ないと指揮官は考える。

  アンチェロッティは試合後、「指笛を吹かれるのは、私にもチームにも普通のことだ。ダービーで0-4で負けるのは誰にとっても腹立たしいことだ」と報道陣に話した。

  「我々は皆、勝利の必要性と応援の重要性を理解した。ファンには感謝申し上げなければならない」

  「物事がうまく進んでいない時に、チームを応援するのはしんどいことだ。チームは感謝しているよ」

  Rマドリードは日曜日に試合を行う2位バルセロナとの差を、ひとまず勝ち点4に広げてはいる。(Goal.com)

 試合結果へ

 試合日程へ

 勝敗表へ

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R