忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 白雪姫 ドレスの役立つ情報

広島菊池 今年も規格外プレーで引っ張る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

広島菊池 今年も規格外プレーで引っ張る

広島菊池 今年も規格外プレーで引っ張る 

  今年もコイ打線を引っ張るのは、菊池涼介内野手(24)の規格外プレーだ。10日、今季初実戦となる宮崎・日南キャンプの紅白戦から、グラウンドを駆け回った。

  まずは守備で魅せた。いきなり紅組1番・鈴木誠のセンターへ抜けそうな当たりを驚異的な守備範囲で二塁ベース後方で追いつき、天福球場に詰めかけたファンを沸かせた。直後の打席ではバットと足を全開。紅組先発・戸田の見逃せばボールとなる高めストレートを上から思い切りたたいた。「岩鬼並みの悪球打ちだったでしょ。それくらいうまくたたけた」。漫画「ドカベン」のキャラクターを引き合いに出し、得意げに振り返った打球はセンターの頭上を襲う三塁打。さっそうとダイヤモンドを駆けた韋駄天(いだてん)は、中継プレーが乱れる間に一気に本塁へ。「抜けた時点で三塁はいけると思った。(ミスにつけ込む走塁の)事前の準備はできている」。走塁に対する高い意識で、自軍に勢いをもたらした。菊池が作った流れに乗るように連続適時打が出るなどして、白組はこの回一気に3得点。殊勲の背番号33もベンチでにんまりだった。

  昨季は打撃3部門で自己最高成績を記録。2年連続で二塁でのゴールデングラブ賞も受賞し、地位を確立した。「ここまで自分のペースでできている。状態は見てもらえれば分かる通り、悪くない」。疲労がたまる第2クールも、大好きな浜田省吾の「終わりなき疾走」を聞いて疲労回復。今季もコイの元気印が、漫画のようなプレーとグラウンド狭しと疾走する姿で盛り上げそうだ。【前原淳】

 

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R